笑顔を取り戻す

歯が白いと清潔感があり、見た目の印象が良くなります。また、外見のイメージだけでなく、内面にも変化をもたらします。歯の汚れが気になって、思うように笑えないということはないでしょうか。

審美歯科治療女性の場合は、歯が白いとメイクも映えます。ホワイトニングをすることで、5歳は若くなるとも言われます。まっ白な歯でいつもニコニコしていれば、若く見られるでしょう。特に話しているときに口元は注目されやすい部分です。どんなにきちんとメイクをしていたとしても、歯が汚れていると台無しです。歯の汚れを気にしていると、知らず知らずの間に笑顔が消えます。口を開かないことで暗い人だと思われたり、他人に対して心を開いていないようなイメージを与えやすくなります。歯が白く、キレイになることで笑顔を取り戻すことができるかもしれません。

テレビに出演している芸能人や有名人にも、歯がキレイな人が多いようです。テレビは口元がハッキリ映りますから、ホワイトニングが必須なのではないでしょうか。ホワイトニングは歯列矯正のような時間のかかるものではなく、短時間で歯を白くすることのできる審美歯科治療です。笑顔に自信を持つことで、対人関係が良くなったりすることもありそうです。

参照HP【大阪心斎橋でのホワイトニング・セラミック治療なら湘南美容歯科

歯の着色汚れ

歯には、食事するたびに着色汚れがつきます。歯につく汚れは、食べる食品によっても異なっています。毎日、お茶やコーヒーを飲む習慣のある人は、歯に色素の元になるタンニンやポリフェノールが付着します。これらが、歯の黄ばみの原因になります。

歯医者食べ物の中には、色のつきやすいものとそうでないものがあるようです。お茶にもいろいろな種類がありますが、色がつきやすいのは緑茶や紅茶などで、タンニンが少ないほうじ茶や麦茶などは、それほどでもないということです。コーヒーや赤ワインには、ポリフェノールが含まれていますけど、ポリフェノールにも色素着色しやすいという特徴があります。ほかに、カレーやケチャップなどの色素の濃い香辛料や調味料なども、色素沈着の原因になります。このような着色汚れはしだいに歯を黄ばませていきますから、歯磨きだけでは落とすことが難しいようです

ホワイトニングには、歯の着色汚れを落とす効果があります。歯の表面に薬剤を塗って、光をあてることで歯を白くするという審美歯科治療です。短時間で歯を白くすることができます。しかし、一時的なものなので、色のつきやすいものを食べていれば、元の色に戻ります。白い状態を保ちたければ、定期的に歯医者に通う必要があるでしょう。

ホワイトニングの効果

ホワイトニングには、歯の色を白く、明るくする効果があります。一般的なのは、歯科医院に通って歯の表面に薬剤を塗り、歯を白くする審美歯科治療です。ただし、審美歯科治療は、歯の表面をキレイにする技術ですから、虫歯や歯周病などがないことが前提になります

ホワイトニングホワイトニングで得られる効果ですが、第一に歯の着色汚れを取り除くことができます。歯には、食べたものによって色がついてしまうことがあります。歯に色がつきやすい食べ物とそうでもない食べ物があります。普段色がつきやすい食べ物を多く食べている人は、審美歯科治療に長く通う必要があるかもしれません。

また、ホワイトニングには、歯の表面をキレイにするだけでなく、口臭を予防する効果もあります。歯の表面についた汚れをそのままにしておくと、口臭の原因になります。歯を磨いているにもかかわらず口臭がひどい場合などは、歯の汚れについても気をつけてください。ホワイトニングを行うことで歯が白くなり、その白さをキープしたいと思うようになれば、口臭対策などにもつながるのではないでしょうか

ほかに得られる効果として、精神的な影響をあげることができます。多くの人がホワイトニングを行う理由は、歯を白くすることで対人的に良い影響を与えることができるからではないでしょうか。歯の白い人には清潔感があり、見た目の印象が良くなります。イメージが良くなれば対人関係に良い効果を及ぼして、精神的にも明るくなれそうです。