歯の着色汚れ

歯には、食事するたびに着色汚れがつきます。歯につく汚れは、食べる食品によっても異なっています。毎日、お茶やコーヒーを飲む習慣のある人は、歯に色素の元になるタンニンやポリフェノールが付着します。これらが、歯の黄ばみの原因になります。

歯医者食べ物の中には、色のつきやすいものとそうでないものがあるようです。お茶にもいろいろな種類がありますが、色がつきやすいのは緑茶や紅茶などで、タンニンが少ないほうじ茶や麦茶などは、それほどでもないということです。コーヒーや赤ワインには、ポリフェノールが含まれていますけど、ポリフェノールにも色素着色しやすいという特徴があります。ほかに、カレーやケチャップなどの色素の濃い香辛料や調味料なども、色素沈着の原因になります。このような着色汚れはしだいに歯を黄ばませていきますから、歯磨きだけでは落とすことが難しいようです

ホワイトニングには、歯の着色汚れを落とす効果があります。歯の表面に薬剤を塗って、光をあてることで歯を白くするという審美歯科治療です。短時間で歯を白くすることができます。しかし、一時的なものなので、色のつきやすいものを食べていれば、元の色に戻ります。白い状態を保ちたければ、定期的に歯医者に通う必要があるでしょう。